fc2ブログ

Blog @ American FREEway

国内外旅行記、ホテル滞在記、グルメレポート、映画評、趣味のボウリング日記などを。

伊豆の旅(その2:シャンパンブランチinスーパービュー踊り子)

2008/01/16 Wed [Edit]

 東京から河津までは約2時間半。

 車内で食事をしようと思っていまして、いつもなら駅弁とお茶を買って乗り込むのですが、今回はちょっと趣向を変えてみました。

 ヴィンテージシャンパーニュのハーフボトルがあるので、これを車内で飲みたい。
 良いシャンパンを飲むのに、食事が駅弁というのもなんなので、乗車前に大丸東京店の惣菜売り場に行って、前菜からデザートまで買って、車内でグレード高めのブランチを楽しもう。

 というわけで、スーパービュー踊り子は11時発なのに、10時前には東京駅到着。大丸東京店開店直後から惣菜売り場に行ってあれこれ買い込んできました。

lunch01.jpg
 まずは、シャンパーニュを開栓。保冷剤入れて、プチプチで巻いたので、けっこう冷えてました。
 グラスも持参。あえてフルートではなくテイスティンググラスにしました。
 銘柄は「1989 Veuve Cliquot (375ml)」。¥7,000くらいで買いました。
 ヴーヴ・クリコはノンヴィンテージのイエローラベルが有名ですが、ヴィンテージがついたのはゴールドラベルとなります。
 89年のシャンパーニュは、85年や90年には及びませんが、82年・95年・96年・02年とほぼ同レベルのグレイトヴィンテージで、今がちょうど飲み頃かと思います。
 私が持っているのは、秋までヨーロッパのセラーで寝かされていたもので、状態は良いと思いますが、ハーフは難しいからなあ・・・
 一抹の不安を覚えつつ、グラスに少量注いで、チェック。
 熟成感はだいぶ出ていました。発泡はかなり弱く、もう少し寝かせたら、完全な白ワインになるでしょう。
 発泡感はもう少し欲しかったですが、熟成感・深み・旨味を堪能できたので、満足しました。

lunch02.jpg
 前菜:「DEAN & DELUCA」の「くるみの香りのする5種類の豆のサラダ」
 東京駅構内で購入。¥420。
 基本的に豆類は得意ではありませんが、メインで魚と肉を食べるから、前菜はヘルシー路線で行こうということで、普段なら自ら進んでは買わないものを選びました。
 くるみの香りは良い感じでした。豆だけだと苦しいですが、肉も少々入っていたので助かりました。
 容器のマジックか、実食してみると見た目より量が多いなと感じました。

 スープ:買い忘れました。

lunch03.jpg
lunch04.jpg
 パン:「ポール・ボキューズ」の「小さいパン2種(名称は忘れました)」
 大丸東京店B1で購入。¥94と¥126。
 クルミ系が入っていないものと入っているもの。入っているほうが美味しかったです。
 食感はモチモチ。出来たてホカホカのを買いましたが、車内で食べる頃には冷めきってしまいました。温かければもっと旨いだろうなと思いました。

lunch05.jpg
 魚:「ホテル西洋銀座」の「スモークサーモンのグリエ」
 大丸東京店B1で購入。¥997。
 サーモンではなく「スモーク」サーモンのグリエとはどんなもんなんだろうと興味を抱き、購入。
 ↓の肉料理と共に、お店で温めでもらいました。2品一緒に袋詰めだったこともあり、買ってから1時間程度経ってから食べましたが、まだ温かさがキープされ、美味しくいただきました。
 はじめはグリルの焦げ香と付け合わせのディルの香りがちょっと強すぎるかなあと思いましたが、それが結構やみつきになりました。サワーソースも美味。

lunch06.jpg
 肉:「ホテル西洋銀座」の「牛スジ肉の赤ワイン煮」
 大丸東京店B1で購入。¥1,365。
 こういう類はハズレは少ないです。結構ボリュームがあり、ホテル系の惣菜としてはコストパフォーマンス高いなと思いました。牛スジ肉なので、肉全てがトロトロというわけではないですが、私は肉は軟らかくすればよいというものでもないと思っているので、噛み応えのある部分とトロトロの部分があるこの料理、私は気に入りました。

lunch07.jpg
 デザート:「ロリオリ365」の「カップケーキ2種」
 大丸東京店1Fで購入。¥380と¥600。
 赤ワイン煮を食べ終えた時点で相当満腹でしたが、デザートも買ってしまっていたので、頑張って食べました。
 小さいほうはレアチーズケーキ。大きいほうはイチゴのデコレーション。
 どっちも美味しかったですが、レアチーズが気に入りました。

 少量残っていたシャンパーニュにウェルカムドリンクのオレンジジュースを混ぜた、特製ミモザ(泡ゼロでしたがかなり美味しかったです)でフィニッシュ。


 総額約¥11,000のブランチでございました(^^;)。


 私の斜め後ろに座っている方からは「あいつ一体何品食うんだ?」と思われたかもしれませんねえ。

 完全な食べ過ぎで、宿の夕食時間になってもお腹が空かず、結局夕食を残してしまうという、本末転倒な結果を導くこととなりますが、夕食のことは別途アップします。

 次は、今回泊まった旅館の様子(客室・館内編)をご報告します。

伊豆の旅(その1:スーパービュー踊り子・グリーン席)

2008/01/15 Tue [Edit]

view01.jpg
 1泊で伊豆の河津まで行ってきました。その時の様子をご報告します。

view02.jpg
 今回は、往復とも「スーパービュー踊り子」を利用しました。
 伊豆方面に出かけるときは、新幹線かロマンスカーを利用することが多く、「踊り子」系の列車を利用するのは今回が初めてです。
 「スーパービュー踊り子」の先頭車両を見ていると「ガチャピン」を連想してしまうのは、私だけでしょうか?

view03.jpg
 (ブレててごめんなさい)列車の旅は久しぶりなので、今回は往復共にグリーン席を取りました。
 「スーパービュー踊り子」は、10両編成。下田寄り2両がグリーンで、1号車の先頭は展望席です。

 列車は出発14分前に回送状態で入線。ゆえに、すぐに乗車が始まりました。
 出迎えのアテンダントさんに指定券を見せての乗車です。

 グリーン車は横3列。1号車は海側が2人席で、2号車は反対の配置です。

 往路の席は、2号車2階の最前列左側、1Aでした。1人客で海側の席を望むと、2号車からアサインされるようです。
 この席、通路を挟んだとなり側に席がない(下写真参照)ので、パーソナル感が高い席です。
 シートは、座り心地は硬め。グリーンのシートは硬めが主流ですが、私は柔らかめのほうが好きです。
 フットレストはありませんが、引き出し式のレッグレストが装備されています。国際線ビジネスクラスのそれとは違って、気休め程度の機能だろうと思っていましたが、角度は斜め下40度あたりでしか位置の固定はできませんが、その状態で前後5センチ程度スライド可能なので、身長177cmの私でも、ちゃんとレッグをレストさせることができたのには感心しました。

view04.jpg
 1Aから右前方を見るとこんな感じです。
 この列車はデッキと客席スペースが仕切られていないので、途中駅で扉が開くと、冷気が入ってきてけっこう寒かったです。


 この列車には女性のアテンダントさんが6名乗車し、車内でお世話をしてくれます。
 東京を発車するとすぐ、グリーン乗客には、おしぼりのサービスとウェルカムドリンク(無料。ソフトドリンク)が提供されます。
 私見たアテンダントさんは、皆さん美人でしたねえ。接客も丁寧で、対応も迅速。笑顔も素敵。またグリーンに乗ろうかなと思わせる仕事ぶりでした。
 
view05.jpg
 各席には、ドリンクやちょっとしたものを置ける固定式のテーブルがあります。置いたものが滑りにくい素材でできており、ワイングラスとワインのハーフボトルを置きましたけど、かなりの揺れにもビクともせず、倒れる心配をせずに済みました。
 この他、座席にもテーブルが収納されていて、引き出して使用します。

view06.jpg
 車内では、1時間くらいかけて食事をしていたので、前半はあまり車窓を堪能しなかったのですが、途中、並走した京急の快速特急に早さで競り負け、悔しい思いをしました。

view07.jpg

view08.jpg
 海の景色をしっかり堪能できるのは、小田原を過ぎてからです。
 この日は曇り空でしたが、伊豆の島々も望めました。

view09.jpg
 伊豆半島内に入ると、たんまり実がなったミカン類の木々を頻繁に見かけました。

view10.jpg
 東京から約2時間半で河津に到着。
 あっという間に着いたという感想です。
 アテンダントさんのお見送りを受けて、気分良く下車しました。

 「スーパービュー踊り子」のグリーン、なかなか良かったです。比較の対象にしていいかどうかわかりませんが、昨夏乗った「成田エクスプレス」のグリーンよりもよろしかったです。

 帰りは展望席がアサインされました。その様子は後日アップします。

 次は、車内で決行した「ひとりブランチ」の様子をご報告します。

秋の京都2006③~自転車借りて清水寺へ~

2007/01/20 Sat [Edit]

初日は東山、2日目は嵐山を攻めたいと思います。

day101
7時過ぎ、徒歩で散策を開始。

day102
烏丸通りを北上すると、左手に東本願寺。本堂は改修中みたいですねえ。手前の銀杏はだいぶ葉が散ってました。

day103
東本願寺前にあるこの旅館は、10数年前、高校の旅行で泊まりました。当時はしがない宿でしたが、改装したようで(少なくても外面は)綺麗でした。
昔を懐かしみつつ、通過。

day104

day105
鴨川に向かって小道に入ると、趣のある建物がちらほらと。
京都に来たことを実感します。

day106
穏やかな鴨川の流れ。鳥がたくさんいます。
写真の橋が五条大橋。その東側の地下に京阪線五条駅があります。
今回、8時に京阪三条駅前で自転車を借りることになっています。五条から鴨川沿いを徒歩で北上して三条まで行こうと思っていたのですが、待ち合わせの時間に遅れそうだったので、京阪線に乗り、2駅先の三条駅で降りました。

day107
京都にはたくさんのレンタルサイクル店がありますが、今回は「デリバイク」さんを利用しました。デリバイクさんの良いところは、任意の時間に任意の場所まで自転車を配達してくれて、また、任意の場所で乗り捨てができる点です。
「8時に京阪三条駅前」で予約。時間通りにデリバイクの車が到着。スムーズな手続きですぐに出発できました。
自転車は3段変速。ママチャリではないのがいいですね。

まずは、清水寺に向かいました。その後、東山を北上する予定です。
東大路を南下して東山五条交差点へ。ここまでは快適に自転車を飛ばしましたが、ここから清水寺までの急な上り坂は、さすがに自転車を押して進みました。

day108
朝の清水寺。まだ人出が少なくてのんびり見て回れました。
以下、清水寺境内で撮った写真です。

day109

day110

day111

day112

day113

day114

day115

day116

day117

day118

day119

day120

day121

day122

day123

day124
いかがでしょうか。
紅葉に関しては、盛りを過ぎた木もあれば、まだまだ持ちこたえそうな木もありましたが、全体的にはまさにピークで、とても美しかったです。
↑の鳥、池の魚を狙ってましたが、何という鳥ですかねえ~?
ご存じの方、教えて下さい。

清水寺には、2日目の夜にも行きました。
その時の様子は別途アップします。

秋の京都2006①~ドリーム京都号~

2006/12/04 Mon [Edit]

金曜日、仕事を終えて、スポーツクラブでせっせと脂肪を燃やし、お風呂でさっぱりすると、普段なら帰宅するのですが、今夜は帰らず、旅に出ます。

dream01
テクテク歩いて東京駅八重洲口へ。ここから、京都に向かいます。

東京から京都に行くには、新幹線が一番便利なので、いつもは新幹線を使うのですが、今回は夜行バスにしてみました。夜行バスなら、京都に早朝に到着することが出来、帰りも夜遅い出発なので、京都滞在時間を長くすることが出来ます。また、夜行バスの居住性はかなり向上しているようでちゃんと寝られそうですし、何より、新幹線の片道運賃程度で往復できてしまうという安さは魅力です。

dream02
21:45、東京駅八重洲口のハイウェイバスターミナルに到着。これから乗る「ドリーム京都81号」は、22:10発です。京都には翌朝6:06に着くそうです。

東京駅発のハイウェイバスは、八重洲南口前にあるターミナルから出発します。
20時から23時にかけての時間帯は、夜行便の出発のピークで、ほぼ10分おきに1~2便が各地に向けて出発します。
金曜日の夜は、特に混雑するようで、私の予想以上に人がいっぱいいました。バス使う人って、たくさんいるんだねえ~。
主要路線はほぼ満席。行き先によっては2台体制をとっています。そういう手もあるのね。

駅構内のおむすび屋さんで、夜食とお茶を調達。車内で食べたいと思います。

各地へのバスが、それはもう見事に定刻で出発する中、私の乗る「ドリーム京都81号」の出発時刻も近づいてきました。どうやら2台体制のようです。私のチケットをよく見ると「1号車」と書いてありました。
さて、そろそろ乗るバスが来るな、と思ったところでアナウンス。
「ドリーム京都81号の1号車は、只今車両整備をおこなっている為、入線が遅れます」
出発10分前。2号車は予定通りに入線し、2号車のチケットを持つみなさんは順調に乗車。
私を含む1号車のみなさんは、寒空の中、入線のアナウンスを待ちます。
ところが、
「ドリーム京都81号の1号車は、代替車両で運行します。このため、出発が30分から40分遅れる見込みでございます」と、心身冷え込む悲しいアナウンスが。

なんでうちらの車両だけ…(T_T)。

仕方がないので、歩道脇に腰掛け、車内で食べようと思っていたおむすびとお茶を取り出し、何の風情もなく、むしゃむしゃ(-_-)。

22:40。ようやくバスが到着。
寒いから早く乗りたい。

dream03
今回乗るバスは、2階建てです。客席の大半が2階にあります。私の席も2階。1階には運転席と客席少々とトイレがあります(写真は先に行ってしまった2号車です)。

係員にチケットを見せて、遅れのお詫びとして提供されたお茶を手に車に乗り込み、早速2階へ。

まず思ったのが「天井の低さ」。私は身長177cmですが、相当屈まないと前に進めません。これが結構つらい。
あと「網棚の収納力がない」。具体的に言うと、収納スペースの高さが低くて、大型の荷物でなくても収納できない場合が多々あります。私は至って普通の大きさのデイバックを持ち込みましたが、これが収納できず、座席の脇に置くしかありませんでした。他の乗客も同様のようで、収納したい荷物はあるけど入らないから床に置く。だから、満席なのに網棚はガラガラ、という本末転倒状態でした。

座席は横3列。シートピッチは、普通の観光バスより10~15㎝くらい広いかなという印象です。
シート自体の幅は標準的なサイズ。ただ、フットレストとレッグレストが付いており、また、かなり深くリクライニングします。

2階席につき、前方は本来ならば窓があって前方の視界を楽しめるのですが、夜行バスは、全ての窓がはじめからカーテンで塞がれています。
走行中、外から色んな光が入ってきて、結構明るいんですよねえ。睡眠を妨げかねないので、カーテンで塞がれるのはわかるんですけど、全ての窓が塞がれると、かなり圧迫感があります。私は乗り物では車窓を楽しみたい人なので、残念。

22:50。定刻より40分遅れて出発しました。
ドライバーからひととおりアナウンスがあったあと、すぐに消灯。
バスは霞ヶ関から首都高に入り、東名・名神経由で京都に向かいます。
1時間強で、東名の足柄サービスエリアに到着。20分休憩。休憩はこの1回のみで、これ以外に、ドライバー交代の為、何度かSA・PAで停まりますが、乗客は降りられません。

車内の様子は、満席で他の乗客に迷惑をかけたくなかったので、ほとんど撮っていません。

dream04
唯一撮ったのがこの写真で、サービスエリア休憩時、私より前に座っていた乗客の大半が外に出たのを見計らって撮りました。

シートですが、乗車前、私は勝手に旅客機のビジネスクラスに近い乗り心地を想像していたのですが、実際利用してみると、普通の観光バスのシートよりははるかにマシですが、私には今ひとつの座り心地でした。
その要因として、せっかく付いているフットレストやレッグレストを使おうとしても、体にフィットしない、ことが挙げられます。シートが人間工学に基づいた設計ではないようで、普通に座ってリクライニングすると、私の身長では、どちらかの機能を犠牲にしないと足の置き場に困ります。
消灯後しばらくの間、どういう体勢で寝たら良いか試行錯誤する必要があり、結構大変でした。結局、フットレストをあきらめ、レッグレストを最大限に上げ、リクライニングを目一杯倒して、横を向いて膝を曲げると、何とかしっかり眠れそうな体勢になりました。ちょっとつらかったですが、けっこう寝られました。
ただ、車の揺れでどうしても何度か目が覚めてしまい、熟睡は出来ませんでしたね。

dream06
40分遅れで出発したこのバス、京都駅烏丸口には定刻より10分遅れで到着しました(写真ブレてしまいました)。
まだ夜明け前。
寒いです(>_<)。

dream05
こちらが1号車(こちらもブレてしまった)。お世話になりました<(_ _)>。帰りもよろしく。

所要8時間弱。
夜行バスに乗るのは、大学時代にスキーしに行くのに乗った以来だから、10年ぶりくらいです。でも、この10年、狭いエコノミークラスで何度もアメリカ本土に飛んでましたから、あのエコノミーの狭さに比べたら、ドリーム号の8時間は快適でございました。

ただ、願わくば、割高になってもいいから、もう20㎝シートピッチを拡大して欲しいです。さすれば、足が思いっきり伸ばせるので、より快適になるでしょう。

朝食をとってから、久しぶりの京都を楽しみたいと思います。

京都行ってきました

2006/12/04 Mon [Edit]

この週末、京都を旅してきました。

往復夜行バスを利用し、今朝6:30に東京に戻ってきました。
職場のそばのスポーツクラブで風呂だけ入ってから、出勤。

疲れ、思いっきり残ってます(T_T)。

旅の様子は、これから時間を見つけて、少しずつアップしていきたいと思いますので、時々覗いてみて下さい。
Prev
Newer Entries
Top
Blog @ American FREEway

Update History

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Category

Link / Administration

Latest Documents

Latest Comments

Latest Trackbacks

Monthly Archives

Weather


-天気予報コム- -FC2-

Host

Yossy

Author:Yossy
 
 アメリカでドライブすることが大好きな、30代独身。
 よく訪れる州は、カリフォルニア・ネヴァダ・アリゾナ・ユタ・フロリダ。大都市では、ロサンジェルス・ラスベガス・シカゴ・ニューオリンズ・マイアミあたりが好きです。
 日頃、ネットから様々な情報を収集し、日々の生活や趣味に役立てていますが、情報を得るばかりの人間にはなりたくないと思っています。
 ネットの恩恵を少なからず享受しているお礼として、私の知っていることや体験したことで皆さんに少しでもお役に立ちそうなことがあれば、このブログに積極的にアップして、情報提供しますので、ご活用いただければと思います。
 何か気に入ったor参考になった記事がありましたら、各記事最下部の「拍手」をクリックしていただけると、ブログ製作の励みになります。
 コメント・トラックバックは、公序良俗に反するものでない限り、歓迎します。

Today is ...

Search

オセロゲーム

RSS