Blog @ American FREEway

国内外旅行記、ホテル滞在記、グルメレポート、映画評、趣味のボウリング日記などを。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルトン小田原リゾート&スパ(デラックスツイン)②

2006/11/06 Mon [Edit]

①からつづく

暫し部屋で過ごしてから、スパと大浴場に行きました。

今回、スゴく身軽な状態でこのホテルに来てしまいまして、どのくらい身軽かと言いますと、着替えの準備を全くしていない、という身軽さです。日頃スポーツクラブに行っているので、水着とスポーツウェアはデイバックに入れているのですが、まあ、着替えがなくても今着ている服をクリーニングしてもらえばいいや、というノリで泊まったのですが、このホテルは「朝預かり夕方渡し」でしかクリーニングを受け付けてませんでした。
一瞬ガッカリしましたが、幸いにもこのホテル、コインランドリーがあるんです。
洗ってくれないのなら自分で洗おう!、ということで、まず、水着に着替えてバスローブを羽織り、衣類を持ってランドリーに行き、洗濯機を作動させてから、スパに行って過ごす。スパを出たらランドリーに戻って衣類を乾燥機に移して作動させてから、大浴場に行って過ごす。大浴場を出たら、再びランドリーに戻って衣類を回収して、部屋に戻る、というスケジュールになりました。

小田原30

このホテルは、昔の名残り(スパウザ小田原)だと思いますが、館内や敷地の所々にオブジェクトや絵画が飾ってあります。見かける度に、
「これに幾ら払ったんだろう?」などど思ってしまいます。

小田原18

宿泊棟3階にあるランドリーです。洗濯機・乾燥機共に¥100で作動します。

小田原18

100円玉への両替機があるのですが、この機械、新500円玉ダメ、新1000円札ダメ、という代物で、両者がメチャメチャ普及している現在、
「全く意味無いじゃん」です。利用者少ないかもしれませんが、新札対応くらいの改造はしてよ、と思いました。

小田原29

ランドリーの側から、バーデ棟への連絡通路(上写真(バーデ棟側から撮影))があり、ここを通ることを条件に、バスローブ姿で客室~スパ・大浴場間を移動できます。

小田原28

通路を渡りきりバーデ棟に入ると、吹き抜けが出現します。スパの受付は1階にあり、エレベータで下ります。

スパは宿泊者は無料。バスローブ姿で宿泊者と一発でわかるので、受付で代金の請求はされません。バスタオルとハンドタオルの入った袋を受け取り、中へ。
ヒルトンには責任はないのですが、これまた昔の名残りで、ここからスパエリアに着くまでがやや面倒くさい。
普通、受付→ロッカー→スパとかプール、ですが、ここは、受付→靴のロッカー→通り抜け式の着替え室→ロッカー→(シャワーエリア経由)→スパ、なんです。
「靴はロッカーに入れればいいし、着替えも自分のロッカーの前ですりゃいいじゃん」というのが率直な感想。こういうところでも余計な建設コストがかかったんだなあ…。

小田原45

そんなことを思いつつスパへ。
さすがに金掛かってるだけあって、スゴイですなあ。
いろんなタイプのスパがあって、写真は室内です(気が引けて1枚しか撮りませんでした)が、左手から外に出られまして一部「露天」エリアもあります。右手奥には4レーン25mプールがあり、しっかり泳げます(ちょっと私には浅かったです)。内1レーンは、歩行者専用ですが、このレーンだけ、25m全て「足つぼ刺激床」になってて、そんなものがついているプールに出会ったのは初めてだったこともあり、妙に感心してしまいました。
スパエリアにはベンチが多数あり、休憩場所には困りません。ベンチの一部には天井に日焼けライト(名称不明)がついていました。

ひととおり楽しんだあと、バスローブに着替え、ランドリー経由、バーデ棟3階の大浴場に向かいました。

小田原25

こちらも宿泊者は無料です。バスタオルとハンドタオルをカウンターで受け取って入ります。

他に人が多数いたので、浴場内の撮影は出来ませんでしたが、男湯は内湯とサウナと水風呂と露天風呂がありました。
内湯はそこそこ広くて、20人くらいは入れるかな。露天風呂は4人も入ればいっぱいになる程度の広さです。
温泉ですが、源泉掛け流しではないです。無色透明で、ちとしょっぱいです。
大浴場には特に感動はしませんでしたが、客室の風呂に入るよりははるかにマシ。チェックアウトするまでに3度入りました。

小田原27

小田原26

大浴場入口脇には、マッサージ機のある立派な休憩スペース①と、マッサージコーナー(有料)②がありました。ちなみにマッサージ機は男性更衣室にも2台あり、無料で使えました。

夕食は館内レストランでとりました。
てっきりレストランはいくつか選択肢があると思っていたのですが、客室の案内を見ると、ディナータイムは基本的に「ブラッセリー・フローラ」1箇所みたいで、あとはルームサービス。12階のスカイラウンジでも何か食べ物はあるかな。
ホテルによく泊まるようになり始めた頃、ひとりで宿泊した時は、レストランひとりで行くのはなんか気が引けて、ルームサービスで夕食をすませることが多かったのですが、ルームサービスだとなかなか「出来たて」を味わうのが難しいのと、なんかひとりで食べるのは寂しくて、思い切ってレストランに行ってみたら、ひとりでも歓迎してくれて、出来たての美味しい料理も楽しめたので、ひとりでもレストランを積極的に利用するようになりました。
それで、ここでもレストランに行こうと、客室からレストラン予約に電話したら、フローラではなくバーデ棟内の「アクアフェ」という昼間しかやってないはずのレストランを案内されました。予約係によると、夜はメイン1品選択で、前菜やデザートはビュッフェ形式で、料金は\3,000台(正確な金額忘れました)とのことで、べつに何処でも良かった私は、そこを予約しました。
アクアフェはスパのプール脇にあるレストランで「水」をテーマにしています。ランチ時にはいろんなミネラルウォーターを楽しめるようです。店内にもミネラルウォーターが展示されていました。
メインは6つくらいの選択肢があり、私は「スズキのグリル」をチョイス。前菜はビュッフェコーナーから好きなものを取りますが、種類は決して多くないものの、レベルはけっこう高く、満足しました。
コストパフォーマンスは高いですねえ。

食後、スカイラウンジにも行きました。
ここはかなり気に入りました。私が雑誌を持って入店すると、「読書されるようでしたら、あちらのソファーはいかがでしょうか」と、店の奥のゆったりしたソファー席を案内してくれました。おかげてとてもくつろげました。店の雰囲気がよく、ピアノの弾き語りも心地良く、スタッフのサービスレベルも高いので、オススメです。気持ちよく酔えました。


翌朝、朝食はフローラでビュッフェ。
私は成田のヒルトンをよく利用するので、成田の朝食ビュッフェと比較してしまうのですが、成田の朝食も満足はしているのですが、小田原のビュッフェのほうが相当レベル高いです。和食の割合が高く、地元食材を使ったものが多数有り、とても美味しかったです。品数も多く、また、ジュースは種類が豊富。フレッシュマンゴージュースとかあります。

美味しくてタンマリ食べてしまいましたので、食後、散歩に出ました。

小田原43

小田原42

外に出ると、リモとカートが停まってたので撮影。

小田原34

小田原35

敷地内には素敵なチャペル①がありました。
また、少し歩いてゆくとこれまたよくわからない彫刻②がドンと②鎮座してました。これも昔の名残ですねえ。

小田原37

このリゾートの敷地内には、結構距離のある遊歩道が整備されています。昨日送迎バスでやってきた時に車窓からチェックしていたので、朝絶対散歩しようと思っていました。
遊歩道の入口は3箇所あるんですが、駐車場の脇にある入口まで歩いてゆくと、なにやら表示が。

小田原38

目を凝らすと、それは
「遊歩道立ち入り禁止」の張り紙。
何で立ち入り禁止なのかが続けて書いてあり、
「現在遊歩道に「イノシシ」出没中につき立ち入り禁止」
なんだそうです(T_T)。

仕方ないので、遊歩道でない道を散歩しました。
途中出会ったホテルの警備さんに話を聞いたところ、
「キツネやリスはよく出るんですが、イノシシは今年初めて出たんです。裏の農家の畑は(イノシシが食い散らかして)全滅で、遊歩道内にも足跡がしっかり付いておりまして、お客様に安全を考えまして、立ち入り禁止とさせていただいております」
とのことでした。

小田原40

小田原41

敷地内には、5棟のコテージがあります。各棟2室なので計10室。
北側からの写真が①。玄関があります。反対から撮ったのが②で、ちょっとわかりにくいですが、2階建てになってまして、2階に玄関とリビング、1階に2つ客室があるメゾネットタイプだそうです。
大人数で泊まる時はこちらが良いですねえ。

客室に戻り、またまたスパと大浴場に行き、客室で暫しくつろぐとチェックアウトタイムの11時になりました。14時までに東京に帰らなければならなかったので、HHONOR特典であるレイトチェックアウトのリクエストはしませんでしたが、フロントでの会計時にスタッフから
「チェックアウトされたあとでも館内施設はご利用いただけますので、もしよろしかったらご利用下さい」
とのご案内が。
そこで、ここを何時に出れば14時に東京に着くかを調べてもらうと、1時間半くらい過ごせることが判明したので、館内ライブラリーで読書して過ごしました。

その後、このホテルをあとにしましたが、1泊の滞在では色んな施設・アトラクションのあるこのホテルを制覇するのは不可能でした。今度は、出来れば連泊して、ゴルフもパターゴルフもテニスもボウリングもしたいし、岩盤浴も陶芸も楽しみたいし、イノシシのいない遊歩道を散歩したいし、レストランフローラにあったワインバーで好きなワインを楽しみたいです。

総合しますと、今回のヒルトン小田原リゾート&スパ滞在は、すごぶる快適で、とても満足しています。
みなさんも、機会があったら泊まりに行ってみて下さい。
スポンサーサイト

ヒルトン小田原リゾート&スパ(デラックスツイン)①

2006/10/30 Mon [Edit]

宿泊時期:2006年10月
満足度: ☆☆☆☆☆☆☆☆ 

私、今月は忙しくて、8日を最後に休みがありません(T_T)。次の休みは来月5日になりそうなのですが、28日は13時まで仕事、29日は14時から仕事で、その間の25時間、自由時間が出来ることがわかりました(^^)。
とにかく都心から離れてリフレッシュしたかった私は、前々から訪れたいと思っていたヒルトン小田原リゾート&スパを予約、28日、仕事を終えると東京駅までダッシュし、新幹線に飛び乗りました。

小田原01

東京から小田原までは「こだま」で39分という近さ。久々の新幹線でしたが、楽しむまもなく小田原到着。東海道線に乗り換えて2駅目、ヒルトンの最寄り駅、根府川には東京から1時間かかることなく着きました。

小田原46

根府川って無人駅なんですねえ。なかなか趣があります。海が間近で、空気の気持ち良い駅です。
タイミング良くホテルのシャトルバスが出発。根府川で列車を降りた乗客の大半を乗せ、せっせと山道を登ること約7分。ヒルトンに到着しました。

小田原02

小田原03

小田原04

①は海側から撮った本館、②は山側から撮った本館です。山側にメインエントランス③がありシャトルバスはこちらに着きます。

小田原23

エントランスを入ると、ゆったりとしたロビー(夜に撮影)が。
左手のフロントに向かって歩いてゆくと、私に気づいたスタッフがサッと近づき、
「ご宿泊でございましょうか?」と声掛け。
「そうです」と答えて、HHONORS GOLD VIPカードを提示すると、スタッフは、
「いつも有難うございます。(フロント右手のHHONORS会員専用チェックインデスクを示して)会員のお客様はあちらで座ってお手続きしていただいているのですが、あいにく塞がっております。こちら(空いている一般客用カウンター)でも宜しければ、すぐにお手続きさせていただきますが…」と申し訳なさそうにご案内。
専用カウンターで優越感に浸りたい気もしましたが、大したことでもないので、
「こっちでいいですよ(^o^)」と一般カウンターで手続きしました。
このホテル、私は初めての利用でしたが、このホテルのHHONORS上級会員への応対はパーフェクトで、非常に好印象を持ちました(^^)。
まず、私のプロファイルをきちんと調べて備えていました。頻繁に泊まっているところは当然把握しているのですが、初めてのホテルで
「朝刊は日経でよろしかったですか?」
と確認されるのは、ちょっと驚くと同時に、嬉しいですねえ。これが、これまた泊まったことのない名古屋や大阪のヒルトンでもそうなのかはわかりませんが、初めてのホテルでもヒルトン系列なら厚遇されて快適に過ごせるだろうな、と期待してしまうナイスな応対です。
それから、経験上、チェックイン時にはまとまった金額の現金をディポジットするか、クレジットカードを提示するのが普通で、高頻度で宿泊してホテル側から信用されると、ディポジットや提示をしなくてもよくなります(頻繁に泊まっていても求められることあります)が、ここでは、初めてにもかかわらず、現金やカードの要求はありませんでした。他ホテルでの実績を調べて「この客はディポジット不要」と判断していただいたのだと思いますが、「ホテルに信頼されている」というのは嬉しいです。
部屋はGOLD VIP特典で一番下のカテゴリーから11階のデラックスルームにアップグレードしていただきました。ありがたいです。
ヒルトンの常連でも、私はこのホテルは初めて。それはフロントスタッフも心得ていて、館内施設やホテルのサービスについては丁寧に説明をしていただき、これまたとても好感を持ちました(^^)。

チェックイン後、部屋までベルさんに案内していただきました。

小田原21

小田原20

小田原22

小田原19

エレベータで11階に上がり、廊下を進みます。
このホテルは全室オーシャンビューの設定で、ゆえに廊下の片側にしか部屋の扉がありません。

小田原32

廊下の山側は所々窓があり、右側を見ると写真のように小田原市街を望めます。

部屋はカードではなく普通の鍵で開けます。カードキーに慣れた私には、かえって新鮮です。

小田原05

小田原06

小田原07

小田原08

部屋は「素晴らしい~」の一言。
とにかく広い!
ホームページによれば、広さは54㎡。一般的なシティホテルの2倍の広さで、「ジュニアスイート」という名称でも十分に通用するサイズだと思います。
広すぎて部屋の全景がカメラに収まらなかったので、ベッド側①とソファー側②に分けて撮影しました。広さを感じていただけます?
ベッドとソファーの間には液晶テレビ③。LG製です。アメリカではたまにLGのテレビが装備されてる客室に泊まりますが、日本のホテル客室でLGのテレビは初めての経験です。ここのヒルトンにはオンディマンドチャンネルはなく、普通のテレビ(NHK、民放、BS、BBC、ゴルフチャンネルが映った)でした。
ソファーエリアの廊下側には化粧台やポット④などがあります。ポットの下には冷温庫が収納されていますが、これはものを冷やす為のものではなく、すでに冷えているものの温度をキープする為のものだと、ベルさんから説明していただきました。中は空っぽです。

小田原09

小田原10

小田原11

トイレとバスルームは完全に独立しています。
トイレ①はかなり広めで、消臭装置付のウォシュレット。とても綺麗で清潔。備え付けの洗面は自動水栓。気に入りました。
バスルームは手前にパウダールーム②、奥に浴室③。パウダールームは広々。ヒルトンのスタンダードアメニティが装備されています。浴室は、便器がない分広く感じますが、どうせなら洗面台は付けずに、一般家庭のお風呂みたいに洗い場にしてしまえば良かったのに…。まあ、滞在中はひたすら大浴場を利用したので、このお風呂は1度も使いませんでしたが(^^;)。

小田原12

小田原13

小田原14

小田原15

バルコニー①が2つあり、出られます。
一面思いっきり太平洋が広がります②。写真には収まりませんでしたが、右手奥方向に初島がハッキリ望めます。左手には相模湾沿岸を望めます。
下方左側③にはホテルのチャペルやコテージがあり、下方右側④にはホテルのスパと奥にテニスコートやパターゴルフ場があります。

小田原16

HHONORS GOLD VIP会員へのウェルカムギフトです。クリスタルガイザー2本とマドレーヌ2個(美味しかった)と中が豆で外側を胡麻でコーティングしたお菓子(名前不明。美味)を頂きました。

小田原17

部屋にはバスローブが2サイズ用意されています。寝巻き(パジャマの長いヤツ)もそうです。おまけに青竹踏み(色は黒ですが)までありました。あれば踏んでしまいます(^^;)。気持ちよかった…。
このホテルは、バスローブ姿でスパや大浴場まで行けるんです(^^)。さすがにロビーやレストランには行けませんが、3階にある客室棟とスパ(バーデ)棟を結ぶ連絡通路を経由すれば、バスローブでオーケーなのです。

客室に関しては、大満足です。大画面テレビとLANがあれば、言うことナシですが、今回PCは持ち込みませんでしたし、テレビもほとんど見ませんでしたので、現状で特に問題はありませんでした。

スパ棟の館内施設についても色々書きたいことがありますが、続けると文章がかなり長くなってしまいますので、回を改めてご報告したいと思います<(_ _)>。
Top
Blog @ American FREEway

Update History

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Category

Link / Administration

Latest Documents

Latest Comments

Latest Trackbacks

Monthly Archives

Weather


-天気予報コム- -FC2-

Host

Yossy

Author:Yossy
 
 アメリカでドライブすることが大好きな、30代独身。
 よく訪れる州は、カリフォルニア・ネヴァダ・アリゾナ・ユタ・フロリダ。大都市では、ロサンジェルス・ラスベガス・シカゴ・ニューオリンズ・マイアミあたりが好きです。
 日頃、ネットから様々な情報を収集し、日々の生活や趣味に役立てていますが、情報を得るばかりの人間にはなりたくないと思っています。
 ネットの恩恵を少なからず享受しているお礼として、私の知っていることや体験したことで皆さんに少しでもお役に立ちそうなことがあれば、このブログに積極的にアップして、情報提供しますので、ご活用いただければと思います。
 何か気に入ったor参考になった記事がありましたら、各記事最下部の「拍手」をクリックしていただけると、ブログ製作の励みになります。
 コメント・トラックバックは、公序良俗に反するものでない限り、歓迎します。

Today is ...

Search

オセロゲーム

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。