Blog @ American FREEway

国内外旅行記、ホテル滞在記、グルメレポート、映画評、趣味のボウリング日記などを。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薔薇のない花屋第7話」を観て。

2008/02/25 Mon [Edit]

 そういうことだったのか…。
スポンサーサイト

最近のボウリングスコア

2008/02/24 Sun [Edit]

 ボウリング日記の更新がだいぶご無沙汰になってしまいました。

 昨年後半はボウリングをほとんどしませんでした。

 昨年末から再びぼちぼち行くようになったのですが、半年程度でもブランクの影響はかなりあり、平均100を少し越える程度の惨憺たる結果がしばらく続きました。

 最近になってやっとブランク前の状態近くまで戻ってきましたので、またこのブログでご報告していきます。


 この週末は、金曜夜と日曜昼間にプレーしてきました。
 練習ゲーム(最初の1~2ゲーム。調整目的のためスコアは無視)を除いて計8ゲームやりました。スコアは以下の通りです。


金曜日(板橋のラウンドワン)

1ゲーム目:143
2ゲーム目:161
3ゲーム目:203

08Feb23.jpg
 ↑画像をクリックするとスコア詳細が出ます。

 まだスペアボールを購入していないので、10ピンのみが残ったときは、ほとんどスペアが取れないのですが、それ以外のピンが残った、スペアが容易に取れる状況でもスペアを取り損ねることが多く、ゆえになかなか好スコアに結びつきませんでした。
 それでも、この日のレーンは比較的コンディションがつかみやすく、最後は久しぶりの200オーバーで終えることが出来ました。が、2回のオープンフレームは、どちらも容易にスペアが取れる状況だっただけに、もったいなかったです。


日曜日(柏のラウンドワン)

1ゲーム目:143
2ゲーム目:117
3ゲーム目:186
4ゲーム目:125
5ゲーム目:161

08Feb24.jpg
 ↑画像をクリックするとスコア詳細が出ます。

 この日は不調。原因はプレー開始早々に左足大腿部を痛めてしまったためで、プレー終了まで鈍痛が続き、集中力がダウンしました。
 ガターを何度も出すわ、簡単なスペアを取り逃すわ、スプリットは多いわ、で、散々の内容でした。
 さらに、このあともう1ゲームやり始めたのですが、3フレ投球直後に親指付け根の皮がむけてしまい、リタイアする、というおまけ付きでした。

 テーピングの知識も身につけなければ、と思っています。

 
 両日のストライク率は33%、スペア率は24%でした。
 過去30ゲームの平均は167。ハンディは24→27になってしまいました。


 私の課題は、とにかくオープンフレームをなくすこと。
 その為には、要はコントロール力をつけなければなりません。
 これからしばらくは、目標(スパット)上をボールがズレなく通過するようにプレーしていきます。まあ、基本中の基本のことですが、これがなかなかうまくいっていないので。

 今後も週1ペースでプレーする予定です。結果は随時公表していきたいと思います。

「欧風カレー ガヴィアル」

2008/02/21 Thu [Edit]

 神田駅そばにある、カレーの老舗。

 昼から夜まで通し営業していますが、夜は同じビルおよび周辺の風俗店の呼び込みが鬱陶しいので、最近は昼間に行くようにしています。

Gavial.jpg
 久しぶりに食べに行きました。

 チキンカレー・中辛・大盛(¥1,450)をいただきました。

 ここのカレーは、最初に甘み・コクを感じて、あとから辛みが追いかけてきます。
 中辛でも辛さはけっこうあります。以前辛口も食べたことがありますが、意外にハードです。
 ライスにチーズがまぶされているのと、必ずジャガイモが付いてくるのが、こちらの特徴です。

 本日も美味しくいただきました<(_ _)>。

 こちらのお店は、ランチタイムでもいわゆるランチはありません。昼でも夜でも同一プライスのカレーです。

 価格ではなく味で勝負をしている、日々安価なランチ戦争が繰り広げられている内神田界隈ではなかなか無い、価値あるお店です。


店舗情報:
欧風カレー ガヴィアル
東京都千代田区内神田3-6-14 高幡ビル2F
03-3252-6878
平日11:00~22:00(LO21:30) 土曜11:00~20:00(LO19:30)
日曜・祝日定休


徒歩での行き方:
JR神田駅西口を背にして、左前方の高架沿いの道を進む。100mほどで、右手に生け簀のあるふぐ料理店が見えます。そのお店のあるビルの右手。雑居ビルの2階。1階外に看板立っています。所要1分です。

予約:
不要。

ひとり客対応:
歓迎。


-----------
↓ランキング参加中です。
↓クリックお願いします。
  
-----------

「the BIG WINNER」

2008/02/16 Sat [Edit]

 先日買った「ハンバーガーの本」に載っていた、千葉県・柏のハンバーガーショップ。先日ご紹介した「66」から徒歩1~2分の場所に、今回ご紹介する「the BIG WINNER」があります。
 こちらのお店は、夜に行ってきました。

BW01.jpg
 お店は旧水戸街道に面しています。
 アメリカンな雰囲気を漂わせている外観です。

BW02.jpg
 店内も思いっきりアメリカン。アメリカ好きにはたまらない空間です。BGMはAFNです。

BW05.jpg
 壁にはアメリカのブリキ看板と、あとウォールクロックがたくさん掛かっていました。

BW03.jpg
 カップなどのアメリカンな雑貨も売っています。

BW06.jpg
 ドリンクメニューに「レモネード」があったので、注文。
 私、レモネードが大好きで、アメリカ滞在中はレモネードばかり飲んでいます。
 このお店のレモネードは、甘さがほとんど無いタイプでした。私はどちらかというとしっかり甘さもあるレモネードのほうが好きですが、久しぶりにレモネードが飲めて良かったです。

BW07.jpg
 ハンバーガーは1種で、基本のタイプにお好みでトッピングを加える、という注文方法です。
 今回は、基本+全トッピング(チーズ+ベーコン+サルサソース+パティもう1枚)、というフルオーダー。
 サルサソースは容器に入ってきました。

BW08.jpg
 全部重ねると、高さ10数㎝になりました。もちろん食べ応え十分です。
 この前に食べた「66」とどうしても比較してしまうのですが、どちらのお店も美味しいですが、肉もパティの造り方も違うので、ハンバーグの味わいには明確な違いを感じます。
 「the BIG WINNER」のほうが、アメリカの多くのダイナーで食べるハンバーガーの味わいに似ていると思いました。

 「66」と「the BIG WINNER」、どちらがより美味しいかは、あえてコメントしません。
 好みは人それぞれだと思いますので。

BW09.jpg
 レコード式のジュークボックスがあります。ちゃんと作動します。
 クオーター(アメリカの25¢硬貨)が必要ですが、お店の方がクオーターをくださったので、実際に操作することが出来ました。
 今度お店に行くときは、アメリカ行ったときに残ったクオーターを持って行こうと思います。

BW10.jpg
 ホットドックもあります。飲み物については、シェイクがありますので、バーガー&シェイクという、アメリカのバーガーショップ定番の組み合わせも楽しめます。
 ネオンがいい感じですし、酒類も豊富なので、行くなら夜がオススメです。


店舗情報:
the BIG WINNER(ザ・ビッグ・ウィナー)
千葉県柏市泉町1-33
04-7167-6939
11:00~24:00(L.O.)
月曜定休

徒歩での行き方:
柏駅南口からVATを抜け、右手に丸井があるアーケードを突き当たり(2番街)まで進み、右折。伊勢角のある突き当たりを左折。千葉銀行と京葉銀行のある交差点を右折。通りの右側をしばらく歩くと、右側にあります。所要8~9分です。

予約:
不要。

ひとり客対応:
歓迎。カウンター席あります。テーブルでもOK。


-----------
↓ランキング参加中です。
↓クリックお願いします。
  
-----------

「66(Double Six)」

2008/02/12 Tue [Edit]

 大手ハンバーガーチェーンは巷にウヨウヨありますが、ハンドメイドのハンバーガーショップ、しかも、昨夏私が旅したアメリカ・ルート66沿線に点在するダイナーのような、オールドアメリカンテイスト溢れるハンバーガー屋さんは非常に少なくて、しかも私の住むエリアにはそんな店は皆無であろう…と勝手に思っていました。

 が、先日本屋で、「ハンバーガーの本」というのを見つけ、即買いしたのですが、この雑誌にはハンドメイドハンバーガーのお店が多数紹介されていまして、しかも、私の住む千葉県・柏にも、あるではありませんか、2軒も。

 これは行かねばと思い、早速、先週末連休に食べに行ってきました。

 1軒目は、「66」というお店です。
 柏駅東口から徒歩6~7分。住宅地ですが、カフェ・古着屋・アンティークショップなどが点在する、柏でも洒落た界隈にあります。

6601.jpg
 店名が「66」ですと、アメリカドライブ好きの私なんかは「ルート66」を連想してしまうのですが、ルート66とは関係ないみたいです。

6603.jpg
 店内はこんな感じ。
 そんなわけでルート66関連グッズは店内にありませんが、店内に置いてあるもののほとんどがアンティーク品ですし、とてもセンスあるインテリア。
 アメリカンというよりはハワイアンという感じですが、非常に居心地のよい空間でした。

6604.jpg
 ランチタイムに訪れたのですが、この時間帯はバーガー類をオーダーするとソフトドリンクがついてきます。

6605.jpg
 汁物も欲しくて、クラムチャウダーを注文。
 美味。

6606.jpg
 腹ぺこだったので、パティがダブルのチーズバーガーをいただきました。
 高さ12cmくらい。目を離すと崩れそうになります。
 ケチャップとマスタードはテーブルに備え付けてあり、お好みで使用します。
 かなり美味しかったです。炭火で焼かれた肉は手コネで、ミンチ肉よりも肉の味わいを楽しめました。ジューシーさも結構あります。
 チーズもたっぷりで素敵。

6607.jpg
 こちらは、連れがオーダーしたアボガドバーガー。
 こちらも美味しそう。

6608.jpg
 ハンバーガーは、定番品・新作合わせて10数種類あります。ほかに、ホットドック、パンケーキ、フレンチトーストなどがあり、ラインナップは充実しています。

 今後もちょっと通ってみようと思います。


店舗情報:
66(ダブルシックス)
千葉県柏市中央町4-25
04-7163-1166
11:00~24:00(L.O.23:30)
火曜定休

以上、お店の名刺からの情報ですが、朝7時からモーニングをやっているというネット上の情報もあります(ハンバーガーはないと思いますが)。詳しくはお店にお尋ね下さい。

徒歩での行き方:
柏駅南口からVATを抜け、右手に丸井があるアーケードを突き当たり(2番街)まで進み、右折。伊勢角のある突き当たりを左折。通りの右側を歩き、ディスクユニオンや柏市営駐車場のあるビルの手前を右折。ひたすら直線に歩いて(途中から細い路地になります)ゆくと、右手にお店があります。所要5~6分です。

予約:
基本的に不要だと思います。

ひとり客対応:
歓迎。カウンター席あります。テーブルでもOK。


○2008年02月16日記事追加○

 今日、9歳の姪とランチに出かけました。
 姪も「おいしい~(^o^)」と喜んでいました。

 ルート66関連グッズは店内にないと書きましたが、見逃していただけで、実際は店内にあります。
 客層は、意外に女性客が多いです。おひとり様比率も高いです。

 バーガー類はテイクアウトも出来ます。


-----------
↓ランキング参加中です。
↓クリックお願いします。
  
-----------

「アメリカン・ギャングスター」

2008/02/10 Sun [Edit]

観た日: 2008.Feb.10.Sun.
観た場所:シネリーブル千葉ニュータウン


観ての感想:

 映画は久しぶりです。

 実話に基づく作品。
 こういう類の映画では、私は大絶賛するときと疑問符がついてしまうときがあります。

 今回は後者でした。

 開始から2時間くらいは、本筋と関係ない(と私が思う)シーンもちりばめながらかなり丁寧に作られているのに、最後の20分弱は、「あら、ずいぶんアッサリと簡単に片付けられているのねえ」と思いまして、要するに全体のバランスがあまりよろしくないな、と感じました。

 「あ~、いい映画だったなあ」とは、今回は感じませんでした。

 いい題材なんだけどねえ~。
 なんかもったいない。


 評価:B+


*評価について:最高A>B>C>D>Fひどい(さらに+-をつけることがあります)
 [A+][A][A-]の映画は映画館で観ることをおすすめします。
 独断と偏見・好みが思いっきり反映された評価ですので、評価は参考程度に留めて下さい。

「住所パワー」なるもの

2008/02/10 Sun [Edit]

 ネットサーフィンをしていて、ちょっと面白いものを見つけましたので、ご紹介します。

 「住所パワー」というものです。

 このサイトで、住所を入力して検索しますと、その周辺にある各種施設の件数と距離から、その住所の利便性が数値であらわされるというものです。
 数値に応じてクラス判定され、S>A>B>C>ド田舎、の5段階で評価されます。

 ちなみに私の住所だと「783ポイント」。
 見事に「ド田舎クラス」でした。

 そんな判定をされても、ちっともめげませんよ私は。
 確かに、私の住所は、近所に美容室も銀行も書店もデパートも映画館も老人福祉施設もレンタルビデオ店も無い場所です。
 しかし、車があれば、という条件がつきますが、生活に必要な施設のほとんどへは車で15分以内で行くことが出来るので、生活には全く支障はありません。

 こういうのって、単に施設までの距離で判定するのではなく、施設までの「所要時間」で判定したほうがより正確な反映が出来るのではないかと思います。
 銀行までの距離が500mであっても、徒歩ならば7~8分かかりますが、私の住所ですと、7~8分あれば3km離れている銀行に余裕で行けますから、500メートルだから便利で、3kmだから不便、ということでは無いと思います。

 車がない人は「783ポイント」だけど、自転車があれば「1200ポイント」、車があれば「2500ポイント」、といった判定の仕方であれば、私も納得するのですが。

The Skirvin Hilton Oklahoma City(ザ・スキルヴィンヒルトン・オクラホマシティ)(1 King Bed)

2008/02/03 Sun [Edit]

宿泊時期:2007年08月
満足度: ☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最高10個)

 ヒルトンホテルでは、系列ホテルの名称は基本的に「Hilton + なんとか」となっていますが、例外として、「the なんとか Hilton」という名もあります。
 歴史的建造物となっている由緒あるホテルがヒルトン系になった時、元々のホテル名のほうが人々に浸透しているので、Hiltonより前にそのホテル名が来るケースがあり、例えば、先日泊まった「the Palmer House Hilton」もそうですし、他にも「the Seelbach Hilton Louisville」「the Waldorf Hilton, London」「the Inn at Penn, A Hilton Hotel」が挙げられます。
 今夜泊まるホテルもそうです。
 the Skirvin Hotelは、1911年に開業し、間もなく100周年を迎える、オクラホマシティを代表するホテルです。
 建物は、開業からのものですが、大規模なリノヴェーションがおこなわれ、2007年2月にヒルトン系全館ノンスモーキング・ホテルとして再オープンしています。

sho000.jpg
 この日は、ミズーリ州南西から、カンザス州南東端、タルサとルート66をドライブしました。
 オクラホマシティに着いたら、ぜひ撮りたかったのが↑写真。
 オクラホマ州議会の議事堂です。
 手前の塔とタンクが邪魔に思われる方がいらっしゃると思いますが、あえて写るように撮影しています。なぜなら、オクラホマ州議事堂のシンボルだからです。
 これ、油田です。
 オクラホマ州は原油が出る土地ですが、州議事堂の真下から油が出るとは。

sho01.jpg
 ホテルの話に戻ります。
 Skirvin Hiltonは、オクラホマシティの中心部にあります。
 週末なので、街は閑散としていました。
 外観はベリーグッドです。存在感があり、風格を感じる、美しい建物です。

 このホテルもヴァレーパーキングのサービスがあります。もちろん利用しました。
 こういうホテルで正面玄関に乗り付けるのは非常に気分が良いです。

 係員に車を預け、中へ。

sho02.jpg
 ロビーは、2階までの吹き抜けとなっています。
 重厚感がありますが、過度な華美さが無いので、歴史を感じながらゆったり落ち着ける空間です。

 チェックインはスムーズでしたが、応対した若い女性スタッフが私の予約情報を見て別の男性スタッフにアイコンタクト。私が怪訝そうな顔をすると、コンタクトされたほうのスタッフは、私に(なんでもありません)という表情をしたので、別に気にしませんでしたが、アイコンタクトの意味はわかりませんでした。

 荷物運びのオファーはなく、キーをもらって自分で客室へ向かいます。

sho00.jpg
 このホテルは12階建て。出来るだけ高層階をとリクエストして、8階の部屋がアサインされました。
 客室フロアの廊下は、1階ロビーのダークな雰囲気とは一転して、まばゆいくらいの明るさです。

sho04.jpg
sho05.jpg
sho06.jpg
 リノヴェーションは徹底的におこなわれたようです。全ての調度品が新しくなり、しかも、全てこのホテルの為にデザインされたオリジナル品と思われます。
 一方で、廊下にはこのホテルにまつわる多数の写真が掲げられており、このホテルの歴史を感じることができます。

sho07.jpg
 客室フロアの見取り図。
 同カテゴリーの部屋でも、いくつかのバリエーションがあるようなので、リピート宿泊すると面白いかもしれません。
 今回アサインされたのは、南東の角部屋です。

sho08.jpg
 部屋に入ってすぐ左側にバスルーム。
 南に面していて窓もあるので、光が入ります。
 ↑写真は、バスルーム内でどこに何があるのかを説明するためにアップしました。右側に洗面、左奥にトイレ、左手前にバスタブがあります。
 トイレとバスタブが明確に分かれているのが良いです。

sho09.jpg
 洗面。
 シンプルですが、高級感はあります。

sho10.jpg
 トイレ。
 開放感があります。

sho11.jpg
 バスタブ。
 このホテルもバスタブが浅い。これで3泊連続(T_T)。

sho12.jpg
 バスタブ写真内、スーツケースの奥にある扉を開けると、中はこうなっています。
 広さ十分のクローゼット。バスローブとアイロンセットが標準装備。

sho13.jpg
 客室全景。
 ヒルトンなのに、他のどのヒルトンにもない独自のインテリア。調度品はほとんどオリジナル。
 今回の旅で6つのホテルに泊まりましたが、このホテルの客室が、一番気に入りました。

sho14.jpg
 調度品類は、重厚さの中に、アメリカ的ポップな雰囲気が織り込まれています。デスクチェアの背面には、ホテルのイニシャルがプリントされています。

sho15.jpg
 広さ十分のライティングデスク。前方のカーテンを開ければ、外の景色を眺めながらのワーキングが出来ます。

sho16.jpg
 テレビは、LG製の42インチプラズマ。
 私はアメリカのデジタルテレビ事情に疎いですが、映った数10チャンネルのいくつかはデジタル放送であったと思います。

sho17.jpg
 オットマン付きソファ。
 よく見るとかなり派手な柄ですが、部屋には違和感なく調和していました。

sho18.jpg
 キングサイズベッド。
 ふかふかの枕が6個も。

sho19.jpg
 クイジナートのコーヒーメーカーは、他のヒルトンでもよく見るものです。
 そう言えば、この客室にはミニバーがありませんでした。

sho20.jpg
 提供される水のペットボトルは、このホテルのオリジナルラベルです。
 記念に持ち帰りました。

sho21.jpg
 西の窓からの景色。

sho22.jpg
 南の窓から見た下方の景色。
 
sho23.jpg
 南の窓から見た、向かいのビル。

sho24.jpg
 これまでのロングドライブの疲れがピークに達し、早々に爆睡しました。
 翌朝、1階のレストランで朝食を(こっそり撮影したので、ブレてしまいました)。

sho25.jpg
 HHonors上級会員特典で、朝食のセット(名前は忘れました)が無料でいただけます。
 コーヒーとオレンジジュースとトーストと、料理はこれです。
 これで$15~20くらいのプライシングだったと思います。
 ハンバーグみたいなものは、昨日泊まったガーデンインのレストランと同じ味がしました。

 この日は、8時前に出発。
 部屋でビデオチェックアウトし、フロントに寄らずに正面玄関へ。

 車をまわしてもらっている数分の間、ドアマンと「今日はどこまで行くの?」「アマリロまで」などと談笑。車の受け渡しもスムーズで、気分良く出発できました。


 私はこのホテルをとても気に入りました。このホテルに泊まるだけの目的で、オクラホマシティを訪れてもいいと、本気で思います。
 設備的には☆x10個差し上げてもよい気分です。
 オクラホマシティを再訪する機会があれば、何泊かしてじっくりと滞在を楽しみたいと思います。

Hilton Garden Inn Joplin(ヒルトンガーデンインジョプリン)(1 King Evolution Room)

2008/02/02 Sat [Edit]

宿泊時期:2007年08月
満足度: ☆☆☆☆☆☆☆(最高10個)

 ヒルトンホテルグループの1ブランド、「Hilton Garden Inn」というホテルは、日本では展開されていませんし、日本に似たような宿泊施設がほぼ無いので、説明が難しいのですが、簡単に言えば、ヒルトンの簡易版・リーズナブル版、です。
 他ブランドでは「コートヤード・バイ・マリオット」「フォーポインツ」「ホリデーイン・エクスプレス」などが、同じカテゴリーに入るかと思います。

 主にアメリカ国内で200軒以上展開されています。大都市中心部にもちらほらありますが、基本的には大都市郊外や地方の中小都市に展開され、モーテルの高級版的な位置づけとなっています。

 さて、ミズーリ州ジョプリンは、同州のほぼ南西端にある小都市です。
 近くに大都市がない(東のスプリングフィールドまで約70マイル、南西のタルサまで約110マイル)ということもあり、居住人口は少ないながらも、このあたりでは中心的役割を持った自治体です。
 市の南端を通る44号フリーウェイのそばには、多数のモーテルがあり、ヒルトンガーデンインもこのモーテル街の中にあります。

 この日は、セントルイスからひたすらルート66をドライブしました。しかも途中のスプリングフィールドでマイナーリーグのゲームを観戦したので、ジョプリン到着は23時近くになってしまいました。

hgi01.jpg
 この夜はだいぶ空室が多いようで、駐車場も閑散としていましたし、外から見る限りは、明かりのともった部屋も少なかったです。

 ガーデンインの場合、HHonorsゴールド会員は、750ポイントか無料朝食をもらえ、部屋のアップグレードはありません。どちらにするかは、hilton.comの会員ページで事前に選んでおきます。
 私は朝食を選択していたので、チェックイン時に朝食券をいただきました。

hgi02.jpg
hgi03.jpg
hgi04.jpg
 客室階。上から、エレベータホール、廊下、客室扉。
 扉は、一般的なものより幅が広く、スーツケース転がしながら出入りするのが楽でした。

hgi05.jpg
 今夜泊まったのは、一番スタンダードな部屋です。
 ジャグジー付きの部屋もあり、それを予約しようかとも思ったのですが、$50の追加が必要で、ジャグジーにそこまでの価値を感じなかったので、やめました。

hgi06.jpg
 ガーデンインの客室には、普通、電子レンジと冷蔵庫(中は空)が備わっています。

hgi07.jpg
 バスルーム。
 昨夜に引き続き、ここもバスタブが非常に浅いです。
 浅いバスタブのホテルが続くことは想定していませんでした。こういうことになるなら、$50払ってでもジャグジー付きの部屋にすればよかったと、少々後悔しました。
 あ~、肩まで風呂に浸かりたい。

hgi08.jpg
 ベッドはもちろんキングサイズ。
 今回の旅では、バスタブの深さには恵まれませんでしたが、ベッドの質には恵まれまして、どのホテルもベッドとの相性は良かったです。このホテルのベッドも、大変寝心地が良かったです。

hgi09.jpg
 テレビはブラウン管。
 ブラピがたまたま映ってました。
 ちなみに、テレビの奥に見えますスーツケースは、今回の旅でデビューした「リモワのトパーズ」。ジュラルミンは軽くて良いです。
 かなり気に入ってまして、出来れば一生おつきあいしたいです。

hgi10.jpg
 ライティングデスクは、面積が広くて使いやすいです。

hgi11.jpg
 ソファ。
 オットマンがあるか無いかで、ソファで寛げる度合いはだいぶ違ってきます。ホテル客室ではマストアイテムだと私は思います。

hgi12.jpg
 ヒルトンガーデンインは、基本的にインターネットアクセスが無料です。
 しかし、上級ブランドであるヒルトンホテルは、大半の施設でインターネットアクセスが有料です。施設により料金はバラツキがありますが、かなり高額という認識を持っています。
 私は、ネットアクセスは無料(要は、室料に含めて、別途で使用料は取らない)であるべきだと思います。そうすると、ネットアクセスしない人に不公平、というご意見も出るかもしれませんが、従量制の電話とは違ってネット接続は今や定量制であり、ホテル内でどれだけネット接続があろうが発生するコストは一定だと思いますので、テレビとかポットとか風呂とかと同様、客室の「設備」として考えるのが適当かと思います。

hgi13.jpg
 客室フロアの見取り図。

hgi14.jpg
 翌朝撮った窓からの景色。

hgi15.jpg
 朝食は、1階ロビー脇の「Great American Grill」で。ビュッフェ形式の朝食です。
 7時台に利用しましたが、やはりこの日は宿泊者が少ないようで、レストランも閑散としていました。

hgi16.jpg
 ブッフェ形式と言っても、選択肢は多くなく、適当なものを選ぶと、こんな感じになります。
 味は、業務用を使っている、と明らかにわかるもので、ファミレスの朝食レベルです。

hgi17.jpg
 ホテル内で朝食を摂ったということもあり、この日は8時台にチェックアウト。
 去り際に、外観を撮影しました。


 おそらく、オープン間もない施設で、館内設備は全て新しく、その面での不満は全くありません。サービス面についても基本的にモーテルと同様なので、どうこう評価するのは難しいです。
 ヒルトンガーデンインは、新しいブランドで、傘下のホテルもほとんどがガーデンインの基準に基づいて新たに建設された施設なので、ホテル毎の差異が非常に感じにくいです。あるホテルは大満足だけど、別のホテルは大不満、ということがなく、どのホテルに泊まっても一定の水準が担保されているので、「ハズレがない」という意味ではオススメできるホテルブランドですが、どの都市のガーデンインに泊まっても変化がないので、面白味には欠けます。
 セキュリティ面でも、普通のモーテルよりは安全です。ただ、今回泊まったところのように、治安面の不安が少ない地方の町では、あえて割高なレートを払ってガーデンインを選ぶ積極的な理由は乏しい、とも言えます。半値程度でも十分快適に過ごせるモーテルは多数ありますから。

 ただ、HHonors会員である私にとっては、マイレージとポイントの両方が貯まり、上級会員維持のための滞在数にカウントされるガーデンインは、泊まる価値のあるホテルです。

 本末転倒の気もしますが…。
Top
Blog @ American FREEway

Update History

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Category

Link / Administration

Latest Documents

Latest Comments

Latest Trackbacks

Monthly Archives

Weather


-天気予報コム- -FC2-

Host

Yossy

Author:Yossy
 
 アメリカでドライブすることが大好きな、30代独身。
 よく訪れる州は、カリフォルニア・ネヴァダ・アリゾナ・ユタ・フロリダ。大都市では、ロサンジェルス・ラスベガス・シカゴ・ニューオリンズ・マイアミあたりが好きです。
 日頃、ネットから様々な情報を収集し、日々の生活や趣味に役立てていますが、情報を得るばかりの人間にはなりたくないと思っています。
 ネットの恩恵を少なからず享受しているお礼として、私の知っていることや体験したことで皆さんに少しでもお役に立ちそうなことがあれば、このブログに積極的にアップして、情報提供しますので、ご活用いただければと思います。
 何か気に入ったor参考になった記事がありましたら、各記事最下部の「拍手」をクリックしていただけると、ブログ製作の励みになります。
 コメント・トラックバックは、公序良俗に反するものでない限り、歓迎します。

Today is ...

Search

オセロゲーム

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。