Blog @ American FREEway

国内外旅行記、ホテル滞在記、グルメレポート、映画評、趣味のボウリング日記などを。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hilton St. Louis at the Ballpark(ヒルトンセントルイスアットザボールパーク)(1 King Busch Stadium View)

2008/01/27 Sun [Edit]

宿泊時期:2007年08月
満足度: ☆☆☆☆☆☆☆(最高10個)

 シカゴからルート66を走ること10時間。

hsl00.jpg
 予定よりかなり遅れていましたし、今夜はメジャーリーグ観戦を予定していたので、セントルイスの手前30マイルあたりからフリーウェイに乗り、ミシシッピを渡り、セントルイス入りしました。

hsl001.jpg
 セントルイスではゲートウェイアーチがお出迎え。

hsl01.jpg
 今夜は、セントルイス・カーディナルスの本拠地、ブッシュスタジアムのすぐ隣にあるヒルトンに泊まります。
 ↑写真は、ホテル外観。このホテルは、屋上に「Hilton」とある建物(以降①と略)とその右隣の建物(以降②)の、ツインタワーとなっています。

 フロントは②の中にあり、メインエントランスもこちら(↑写真の右端にあります)。
 このホテルでもヴァレーサービスを利用。車寄せに停めると、陽気なアフリカ系係員(このホテルのスタッフの大半はアフリカ系です)が対応。

 フロントは、一般客用とHHonors会員用に分かれており、並ぶラインも別です。
 私がチェックインしたときは、ほとんど並びませんでしたが、フロントのスタッフの印象は少々悪く、自分の仕事を優先し、HHonors会員ラインに並んだ私を見ても、すぐに対応するわけでもなく、なかなかチェックインに入れませんでした。
 このホテルに限らず、アメリカのヒルトンでは、自分の仕事を優先して、お客を待たせるとおろが結構あります。ただ、それが当たり前という感じで、当人たちには全く罪悪感はないので、こちらも「まあ、そんなもんなんだろうな」とカリカリしないようにはしています。
 でも、パーフェクトな対応をしてくれるヒルトンもあり、ホテルによってサービスレベルに差があるというのが、ヒルトンファンとして残念に思うところです。

 ヒルトンHHonors上級会員は、部屋のアップグレードやプレゼント(ペットボトルの水が普通)の提供があります。
 部屋のアップグレードについては、今回は特になかったと思います。ただ、予約時に球場側の部屋をリクエストし、その通りの部屋をアサインされました。
 プレゼントに関しては、部屋に置かれているのが普通ですが、このホテルでは、チェックイン時に手渡しされました(後述)。

 アサインされた部屋は①のほうで、②から連絡通路で①に移動し、エレベータに乗ります。

hsl02.jpg
 セピア系の落ち着いた色合いでまとめられた室内。第1印象は非常に良いです。

hsl03.jpg
 ②の建物は三角形です。

hsl04.jpg
 アイロン完備のクローゼット。

hsl05.jpg
 洗面所もとてもシックで私好み。
 ちなみに、日本とアメリカのホテルの客室で明快に違う点のひとつが、トイレの便器で、今回の旅で6回ヒルトン系ホテルに泊まりましたが、ウォシュレットを導入しているホテルは一切ありませんでした。

hsl06.jpg
 ここのバスタブは、非常に浅く、湯を貯めてゆっくり浸かるというのは無理です。シャワーの利用にとどまりました。
 こういうバスタブが続くと、日本の風呂が懐かしくなってきます。

hsl07.jpg
hsl15.jpg
 玄関側からと窓側から撮った居室。
 ベッドはキングサイズ。
 超広角レンズで撮っていますので、写真では広さを感じないかもしれませんが、実際はゆったりしています。まあ、昨夜泊まったパーマーハウスの部屋と比べると狭いですが、ひとりですから、このくらいの広さで十分です。

hsl08.jpg
 調度品は、ブラック色で統一されていて、とてもシック。パークハイアット東京の客室を連想します。
 テレビは29インチのブラウン管。日本のシティホテルでは、液晶またはプラズマテレビへのシフトがかなり進んでいますが、今回旅した限りでは、アメリカのホテルではまだブラウン管テレビが主流のようです。

hsl09.jpg
hsl10.jpg
 先述した、チェックイン時にもらったギフト。
 紙バックでもらい、中には水が2本とスナック菓子が一袋入っていました。

hsl11.jpg
hsl12.jpg
hsl13.jpg
 窓からの景色。
 上がチェックイン直後、中がメジャーリーグゲーム終了後、下が翌早朝です。

 元々、球場は空き地の場所にありました。現球場は再開発の一環で新しく建設されたものです。

 さて、今回の旅では、実は、セントルイスエリアに入ることにちょっとビビっていました。それは、セントルイスは全米でも治安の悪い都市として有名だからです。
 特に、ミシシッピを挟んで対岸にあるイーストセントルイスは、おそらく全米でワーストの犯罪都市ですし、セントルイス市もダウンタウンの北側は治安の良くないエリアだそうです。
 今回フリーウェイでセントルイスに入りましたが、ルート66はこれらの治安危険地域を通ることもあり、あえて近寄りませんでした。

 このホテルを選んだのも、ブッシュスタジアムと目と鼻の先なので、試合終了が深夜になっても、安全にホテルに戻れると思ったからです。

 ダウンタウンど真ん中なので、メジャーリーグゲームの客が引いたら、悪い意味で街の様子が一変するかなあと構えていましたが、実際は、部屋から外を眺める限り、至って平穏でした。


 翌日、早朝に出発。
 ZIP-OUT(ヒルトンのビデオチェックアウトシステム)を利用し、フロントに寄らずに出発しました。

 ヴァレーで預けた車は、②の車寄せではなく、泊まった①の1階で引き取ります。

 受付のお姉さんに駐車券控えを見せ、配車してもらいます。
 その際、お姉さんにペットボトルの水をいただきましたが、全ての客に渡していたわけではないので、ヴァレーサービス利用者だったからか、HHonors会員だったからいただけたと思います。

 数分で私の車がやって来ました。
 配車係のお兄さんは対応が非常に宜しく、荷物もちゃんと車に載せてくれたので、チップを2ドルあげました。お兄さんは笑顔で見送ってくれました。

 前夜の到着が18時過ぎだったのと、メジャーリーグ観戦をしたので、このホテルを全然活用出来なかったのが残念です。また、エントランスやフロント等のパブリックスペースの撮影を忘れてしまったのも悔やまれ、ゆえに、客室しか写真でご紹介できず、宿泊を予定されている方にはあまり参考となる情報を提供できず、申し訳ありません。

 ブッシュスタジアムで試合観戦される方には、文句なしにオススメできるホテルです。また、客室も落ち着いたインテリアが好きであれば、きっと気に入ると思いますので、セントルイスに行かれる方は、泊まられると良いかと思います。
スポンサーサイト
Prev
伊豆の旅(その5:玉峰館(朝食・総評編))
Top
Blog @ American FREEway
Next
ラスベガス モンテカルロ火災について

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
Blog @ American FREEway

Update History

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Link / Administration

Latest Documents

Latest Comments

Latest Trackbacks

Monthly Archives

Weather


-天気予報コム- -FC2-

Host

Yossy

Author:Yossy
 
 アメリカでドライブすることが大好きな、30代独身。
 よく訪れる州は、カリフォルニア・ネヴァダ・アリゾナ・ユタ・フロリダ。大都市では、ロサンジェルス・ラスベガス・シカゴ・ニューオリンズ・マイアミあたりが好きです。
 日頃、ネットから様々な情報を収集し、日々の生活や趣味に役立てていますが、情報を得るばかりの人間にはなりたくないと思っています。
 ネットの恩恵を少なからず享受しているお礼として、私の知っていることや体験したことで皆さんに少しでもお役に立ちそうなことがあれば、このブログに積極的にアップして、情報提供しますので、ご活用いただければと思います。
 何か気に入ったor参考になった記事がありましたら、各記事最下部の「拍手」をクリックしていただけると、ブログ製作の励みになります。
 コメント・トラックバックは、公序良俗に反するものでない限り、歓迎します。

Today is ...

Search

オセロゲーム

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。