Blog @ American FREEway

国内外旅行記、ホテル滞在記、グルメレポート、映画評、趣味のボウリング日記などを。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の京都2006①~ドリーム京都号~

2006/12/04 Mon [Edit]

金曜日、仕事を終えて、スポーツクラブでせっせと脂肪を燃やし、お風呂でさっぱりすると、普段なら帰宅するのですが、今夜は帰らず、旅に出ます。

dream01
テクテク歩いて東京駅八重洲口へ。ここから、京都に向かいます。

東京から京都に行くには、新幹線が一番便利なので、いつもは新幹線を使うのですが、今回は夜行バスにしてみました。夜行バスなら、京都に早朝に到着することが出来、帰りも夜遅い出発なので、京都滞在時間を長くすることが出来ます。また、夜行バスの居住性はかなり向上しているようでちゃんと寝られそうですし、何より、新幹線の片道運賃程度で往復できてしまうという安さは魅力です。

dream02
21:45、東京駅八重洲口のハイウェイバスターミナルに到着。これから乗る「ドリーム京都81号」は、22:10発です。京都には翌朝6:06に着くそうです。

東京駅発のハイウェイバスは、八重洲南口前にあるターミナルから出発します。
20時から23時にかけての時間帯は、夜行便の出発のピークで、ほぼ10分おきに1~2便が各地に向けて出発します。
金曜日の夜は、特に混雑するようで、私の予想以上に人がいっぱいいました。バス使う人って、たくさんいるんだねえ~。
主要路線はほぼ満席。行き先によっては2台体制をとっています。そういう手もあるのね。

駅構内のおむすび屋さんで、夜食とお茶を調達。車内で食べたいと思います。

各地へのバスが、それはもう見事に定刻で出発する中、私の乗る「ドリーム京都81号」の出発時刻も近づいてきました。どうやら2台体制のようです。私のチケットをよく見ると「1号車」と書いてありました。
さて、そろそろ乗るバスが来るな、と思ったところでアナウンス。
「ドリーム京都81号の1号車は、只今車両整備をおこなっている為、入線が遅れます」
出発10分前。2号車は予定通りに入線し、2号車のチケットを持つみなさんは順調に乗車。
私を含む1号車のみなさんは、寒空の中、入線のアナウンスを待ちます。
ところが、
「ドリーム京都81号の1号車は、代替車両で運行します。このため、出発が30分から40分遅れる見込みでございます」と、心身冷え込む悲しいアナウンスが。

なんでうちらの車両だけ…(T_T)。

仕方がないので、歩道脇に腰掛け、車内で食べようと思っていたおむすびとお茶を取り出し、何の風情もなく、むしゃむしゃ(-_-)。

22:40。ようやくバスが到着。
寒いから早く乗りたい。

dream03
今回乗るバスは、2階建てです。客席の大半が2階にあります。私の席も2階。1階には運転席と客席少々とトイレがあります(写真は先に行ってしまった2号車です)。

係員にチケットを見せて、遅れのお詫びとして提供されたお茶を手に車に乗り込み、早速2階へ。

まず思ったのが「天井の低さ」。私は身長177cmですが、相当屈まないと前に進めません。これが結構つらい。
あと「網棚の収納力がない」。具体的に言うと、収納スペースの高さが低くて、大型の荷物でなくても収納できない場合が多々あります。私は至って普通の大きさのデイバックを持ち込みましたが、これが収納できず、座席の脇に置くしかありませんでした。他の乗客も同様のようで、収納したい荷物はあるけど入らないから床に置く。だから、満席なのに網棚はガラガラ、という本末転倒状態でした。

座席は横3列。シートピッチは、普通の観光バスより10~15㎝くらい広いかなという印象です。
シート自体の幅は標準的なサイズ。ただ、フットレストとレッグレストが付いており、また、かなり深くリクライニングします。

2階席につき、前方は本来ならば窓があって前方の視界を楽しめるのですが、夜行バスは、全ての窓がはじめからカーテンで塞がれています。
走行中、外から色んな光が入ってきて、結構明るいんですよねえ。睡眠を妨げかねないので、カーテンで塞がれるのはわかるんですけど、全ての窓が塞がれると、かなり圧迫感があります。私は乗り物では車窓を楽しみたい人なので、残念。

22:50。定刻より40分遅れて出発しました。
ドライバーからひととおりアナウンスがあったあと、すぐに消灯。
バスは霞ヶ関から首都高に入り、東名・名神経由で京都に向かいます。
1時間強で、東名の足柄サービスエリアに到着。20分休憩。休憩はこの1回のみで、これ以外に、ドライバー交代の為、何度かSA・PAで停まりますが、乗客は降りられません。

車内の様子は、満席で他の乗客に迷惑をかけたくなかったので、ほとんど撮っていません。

dream04
唯一撮ったのがこの写真で、サービスエリア休憩時、私より前に座っていた乗客の大半が外に出たのを見計らって撮りました。

シートですが、乗車前、私は勝手に旅客機のビジネスクラスに近い乗り心地を想像していたのですが、実際利用してみると、普通の観光バスのシートよりははるかにマシですが、私には今ひとつの座り心地でした。
その要因として、せっかく付いているフットレストやレッグレストを使おうとしても、体にフィットしない、ことが挙げられます。シートが人間工学に基づいた設計ではないようで、普通に座ってリクライニングすると、私の身長では、どちらかの機能を犠牲にしないと足の置き場に困ります。
消灯後しばらくの間、どういう体勢で寝たら良いか試行錯誤する必要があり、結構大変でした。結局、フットレストをあきらめ、レッグレストを最大限に上げ、リクライニングを目一杯倒して、横を向いて膝を曲げると、何とかしっかり眠れそうな体勢になりました。ちょっとつらかったですが、けっこう寝られました。
ただ、車の揺れでどうしても何度か目が覚めてしまい、熟睡は出来ませんでしたね。

dream06
40分遅れで出発したこのバス、京都駅烏丸口には定刻より10分遅れで到着しました(写真ブレてしまいました)。
まだ夜明け前。
寒いです(>_<)。

dream05
こちらが1号車(こちらもブレてしまった)。お世話になりました<(_ _)>。帰りもよろしく。

所要8時間弱。
夜行バスに乗るのは、大学時代にスキーしに行くのに乗った以来だから、10年ぶりくらいです。でも、この10年、狭いエコノミークラスで何度もアメリカ本土に飛んでましたから、あのエコノミーの狭さに比べたら、ドリーム号の8時間は快適でございました。

ただ、願わくば、割高になってもいいから、もう20㎝シートピッチを拡大して欲しいです。さすれば、足が思いっきり伸ばせるので、より快適になるでしょう。

朝食をとってから、久しぶりの京都を楽しみたいと思います。
スポンサーサイト
Prev
秋の京都2006②~グランヴィア京都の朝食~
Top
Blog @ American FREEway
Next
京都行ってきました

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
Blog @ American FREEway

Update History

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Category

Link / Administration

Latest Documents

Latest Comments

Latest Trackbacks

Monthly Archives

Weather


-天気予報コム- -FC2-

Host

Yossy

Author:Yossy
 
 アメリカでドライブすることが大好きな、30代独身。
 よく訪れる州は、カリフォルニア・ネヴァダ・アリゾナ・ユタ・フロリダ。大都市では、ロサンジェルス・ラスベガス・シカゴ・ニューオリンズ・マイアミあたりが好きです。
 日頃、ネットから様々な情報を収集し、日々の生活や趣味に役立てていますが、情報を得るばかりの人間にはなりたくないと思っています。
 ネットの恩恵を少なからず享受しているお礼として、私の知っていることや体験したことで皆さんに少しでもお役に立ちそうなことがあれば、このブログに積極的にアップして、情報提供しますので、ご活用いただければと思います。
 何か気に入ったor参考になった記事がありましたら、各記事最下部の「拍手」をクリックしていただけると、ブログ製作の励みになります。
 コメント・トラックバックは、公序良俗に反するものでない限り、歓迎します。

Today is ...

Search

オセロゲーム

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。